Interview

インタビュー

SELFへのご応募お待ちしています。
質問等ありましたらお気軽にご連絡ください。
採用情報一覧へ戻る

佐藤文章(CFO)

立命館大学卒業後、公認会計士試験に合格しトーマツ監査法人に入社。
その後、社内ベンチャーの立ち上げに参画。ベンチャー企業を中心に、事業計画の作成や販路拡大の支援に携わる。
2018年2月にSELF入社。内部管理などの経理・労務から、営業、マーケティングサイドの業務にも携わる。

多種多様なITサービスに展開できる「会話エンジン」の強みを感じ、SELFに

公認会計士試験に合格後、監査法人に入ってIPO準備会社の監査をやりました。他には内部統制などのコンサル業務もやっていました。その後、ベンチャー企業の販路拡大・資金調達・PR支援をする社内ベンチャーの立ち上げに、参画しました。
ベンチャー支援を始めた当初は、世間でのベンチャー企業の認知度は低く、何かと怪しいというイメージが強く、今ほど注目されていませんでした。魅力があるのになかなか次のステップに進めない企業のため、大企業やベンチャーキャピタル、メディアなどとベンチャー企業をつなげるような役割をしていました。

その過程で、SELFの代表の生見と出会ったんです。はじめは知っているベンチャー企業のひとつだったのですが、サービスを深く知る中で、今支援している様々な企業のITサービスが、SELFの会話エンジンを入れることでサービスの付加価値が格段に高まり、サービスの可能性が広がるということに気が付きました。それだけ、SELFの会話エンジンの汎用性が高く、プラットフォームになりえると。

そこで、外からのサポートではなく、中に入りサービスにしっかり関わることで、もっと多くの企業や人に使ってもらえるようにしたいと考え、SELFへの入社を決めました。

今までの人との縁が財産

入社して、まず取り掛かったのが資金調達でした。
当然のことながら、会社を成長させるためには資金が必要です。前職では、資金調達のサポートなどもしていたのですが、はじめて当事者として携わることになりました。
当事者とサポート側では大きな違いがありましたね。これまで資金調達のアドバイスをしていた経験から知識はありましたが、当事者側となると、もっと多岐に渡ることに注意を払い、判断しなければなりません。SELFという会社や「会話エンジン」の魅力をきちんと伝えられるように試行錯誤しましたし、投資契約書の締結では弁護士に相談したり、何度も契約内容を確認し、修正や交渉の連続でした。その分、資金が銀行口座に入金されたときは、大きな喜びになりましたね。会社のメンバーとも喜びをわかちあいました。
実際に中でやってみないと見えないものというのが経験できたと思います。

今やっていることは、大きく2つあって、1つは社内の管理業務。例えば経理だったり労務だったり、会社として成長するための基礎固めの部分です。
もう1つは外への働きかけですね。営業であったり、イベントでのプレゼンなどもしたりしています。そういう意味では、会社の内の部分と、社外の方への働きかけの外側をやっているような感じです。ある意味両極端のことをすることで、さまざまな視野で物事を見る重要性を実感しています。

そして、その中で特に思うのは、今まで出会った人の縁に助けられているということです。実務的な経験はもちろん必要ですが、営業のように外に働きかけるとき、資金調達のためにベンチャーキャピタルを探していたときも今まで出会ってきた人たちの支えは非常に大きいと感じました。悩んでいたときも、やはり人に影響されたし、つながりの大きさや有難さをより強く感じましたね。
だからこそSELFでも仲間を大切にする部分は、重要だと感じています。

自分の一歩一歩を振り返り、確実にアップデートする

多種多様なITサービスに展開できる「会話エンジン」の強みを感じ、SELFに

仕事をするにあたって大切にしていることがあって、それは日々の振り返りをするということです。日々というか、1分1秒振り返るくらいの。

今自分がやっていることが本当に正しい方向に向かっているかとか、もっと良い方向はなかったのかとか。ベンチャーでは、やっていることが日々目まぐるしく展開していきます。だから、今その場に止まっているのではなく、日々自分を高めていかなくてはいけない。それには常に自分を疑いつつ、振り返り、軌道修正していく。そうすることで変化に対応していけるように意識しています。

日々の振り返りは、もともと大事なことだと思っていたのですが、SELFに入って余計に重要性に気づかされています。自分の成長が会社の成長、社会の成長につながり、それが何より自分自身の喜びにつながるのだと。

0から1を生み出す集団

入社してとても実感したのが、SELFは職人が集まっている集団だなと。
一人ひとりがプロ意識をもって、サービスという物作りをしているメンバーが集まっている。そして彼らが考えているのが「これからの世の中がどうなっていくか」「自分たちのサービスがどう世の中を捉えていくか」です。
SELFには、優秀なエンジニアやライティングメンバーがいます。多角的に物事をみて、細部までこだわってアウトプットをしようとする姿やできあがった物をみると、世の中に必ず必要とされるサービスに成長するなと実感します。

私にとって入社するきっかけになったSELFの「会話エンジン」への印象は強くて、そのときの印象を変わらず持ち続けています。あらゆるサービスに応用範囲があって、あらゆるサービスの付加価値を高めていくと。
ですから、世の中でもっと活用されるように、会社の土台をしっかり組み上げ、SELFや「会話エンジン」の魅力をより多くの企業や人に伝える役割を果たしていければと考えています。