導入費用が最大75%OFF。コミュニケーションAI「SELF TALK」が、経済産業省推進の「IT導入補助金2020」対象ツールに認定

 

コミュニケーションAI「SELF TALK」が、経済産業省推進の「IT導入補助金2020 特別枠(C類型)」の対象ツールに認定されました。

■SELF に関するIT導入補助金申込について
・対象サービス:SELF TALK(サービス詳細は下部をご参照ください)
・該当枠:特別枠(C類型)
・申請額・補助率:最大450万円 補助率3/4以内

■「IT導入補助金2020 特別枠(C類型)」について
「令和2年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)特別枠(C類型)」は、昨今の新型コロナウイルス感染症が事業環境に与えた影響への対策及び同感染症の拡大防止に向け、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等)に取り組む事業によるITツールの導入を優先的に支援するために創設されたものです。(公募要領より引用)

特別枠は、IT導入補助金の通常枠に比べ、補助率が最大4分の3に拡充、審査と条件が通れば公募前に購入したITツール等についても補助金の対象になります。
https://www.it-hojo.jp/tokubetsuwaku/

<補助金申請スケジュール>
7次申請:2020年9月30日 17:00まで
※締め切り日は変更になる場合があります。詳しくはサイトをご覧ください。
https://www.it-hojo.jp/schedule/

■「SELF TALK」とは
「SELF TALK」は、会話を通してユーザーを理解する事で、属性や嗜好に応じた最適な提案やコミュニケーションを可能にした仕組みです。

これまで、ベネッセコーポーレーション様のタブレット型の学習サービスや住信SBIネット銀行様の貯金アプリ、オリエントコーポレーション様の提携教育ローン紹介サイトなどに導入され、サービス継続率やコンテンツ利用率等で大きな成果をあげてきました。
ユーザーとの対話を通じて、心理的に寄り添う事で関係性を構築し、性別や年齢などの属性だけでなく、趣味嗜好、気分等を把握する事で、一人一人に最適なタイミングで最適な提案を行い、期待する行動を促します。

■PRtimesで公開した記事はこちら