AIカウンセリングアプリ「SELF MIND」提供開始。「24時間いつでも」「安価に」「手軽に」を実現

この度SELF株式会社では、AIストレスケアアプリ『SELF MIND』をリリースいたしました。

SELF MIND紹介サイトへ

メンタルヘルスケアの必要性の高まり
近年、私達を取り巻く社会環境は大きく変化し、急速なSNSの普及に反して、個人単位での孤独やストレスが社会的な問題となっています。また、それは「新型コロナ」や「突発的な自然災害」などによって増幅され、見えない形で、しかし確実に人々を苦しめています。
特に日本においては、メンタルヘルスケアに対する意識がアメリカをはじめとした諸外国と比べ著しく低いことがわかっています。

カウンセリングの構造的課題
メンタルヘルスケアのアプローチとして考えられる従来の手法として「カウンセリング」が挙げられます。
しかし、現在の日本においてカウンセリングは一般的に普及しているとは言えない状況です。
障害の1つはそのコストです。一般的に、医療機関でカウンセリングを受ける場合、料金として1回あたり約1万円前後がかかると言われています。例えば1週間に1回のカウンセリングを実施した場合、月あたり約4万円がかかることになり、利用者側の負担が非常に大きくなってしまいます。

さらには、料金をたとえ安価にできたとしても、医療機関側が経営を成り立たせるためには多くの利用者を抱える必要が発生し、その結果一人一人に対する綿密なケアとの両立が難しく、つまりは構造的ジレンマを抱えていることが浮き彫りとなります。
逆に言えば、利用者の負担を減らしつつも、カウンセリングの質を落とさない、こういった状態やサービスが実現できれば、メンタルヘルスケアの大きな一歩となると言えます。

AIカウンセリング『SELF MIND』とは?
こういった課題に対し、私たちの出した答えがAIカウンセリング『SELF MIND』です。
『SELF MIND』は、AIとの会話を用いたカウンセリングを目的としたアプリです。
『SELF MIND』には、大きな3つの強みがあります。

1.会話AIの心理的安全性
対話相手が人間の場合、それが友人やセラピストであれ、それ以降の付き合い・人間関係が存在します。「自己開示」はメンタルヘルスにとって重要ながら、自分のことをあけすけに全て打ち明けることは、多くの人にとってためらわれるものです。
しかしAI相手であれば、そういったことを気にする必要なく、文字通り「誰にも話せない」ことを気軽に話すことができます。

2.セミオート・ダイアリー
カウンセリングAIとの会話セッションにおいて得られた情報のうち、重要と推定される情報については自動でその日の記録として保存されます。つまり、利用者はカウンセリングAIと会話をするだけで、現在までの自分自身を客観的に観測することができます。また自らの手で日記を書くことも可能で、AIが必要と判断した場合には、日記を書くことを提案します。

3.24時間、いつでも手軽に
従来のカウンセリングの場合、利用者は施設へ自ら足を運び、また決して安いとは言えない料金を支払う必要があり、それはとても手軽とは言えないものでした。 『SELF MIND』はスマホアプリです。利用者は、アプリを立ち上げるだけで毎日のケアを実践することができます。こまめなケアが可能になることで、当アプリにも応用されている「認知行動療法」の効果をより高めることができると私たちは考えます。

これら3つの強みを基軸に、
人間だけでは難しかったケアを、技術の進展によりストレスに悩むすべての人に提供することが可能になりました。
さらには、『SELF MIND』はクラウドサービスなため、今後のアップデートにより品質向上を積み重ねていくことで、低価格を維持しながら、より高品質なカウンセリングへと進化していけるサービスでもあります。
また、低価格化によってカウンセリングがより生活に身近になることで、例えいま健常な人でも日常的にストレスケアを心がけることで、健全な生活の長期的な維持に寄与できるものと私達は考えます。
『SELF MIND』による「1日5分、こころケア」を私達は提案します。

■期間限定、14日間無料

リリース記念キャンペーンといたしまして、『SELF MIND』は登録後14日間無料でご利用いただけます。(利用登録2020年10月末日まで)
AIによるストレスケアを、この機会にぜひお試しください。