住信SBIネット銀行リリースの貯金アプリ「パルトネ」に、“SELF-AI エンジン”を導入

この度、住信SBIネット銀行が6月22日(月)にリリースした貯金アプリ「パルトネ」に、“SELF-AI エンジン”を導入いただきました。

会話で楽しむ新たな貯金アプリの誕生です。

■概要
SELFでは、個々のユーザーとの密なコミュニケーションを可能にする会話型AI“SELF-AI エンジン”を独自開発しております。今回のAI導入により、ユーザーがAIアシスタントと会話を楽しみながら貯金をするサポートを行います。

■パルトネの主な特徴

1.ユーザーへの貯金アドバイスを行うAIアシスタント

ユーザーの貯金をAIアシスタントがサポートします。一般的なチャットボットが提供している単純な一問一答とは異なり、ユーザーの回答からユーザー属性を記憶し、応用します。 個々のユーザーに対して、自然な会話や最適な提案をできるのがAIアシスタントの特徴です。

2. 貯金サポート機能

住信SBIネット銀行の口座と「パルトネ」を接続することで、楽しく、カンタンに貯金ができます。AIアシスタントがユーザーの目標を引出し、ユーザーを励ましながら貯金をサポートします。会話を重ねれば重ねるほど、よりユーザーの状態や性格などを学習していくため、パーソナライズされた会話が展開されます。また、Push通知とも連携しており、貯金額を定期的にお知らせします。 ※貯金サポート機能は、住信SBIネット銀行の目的別口座を利用し、サービス提供しています。

3.エンタメ要素

ユーザーへ継続的にご利用いただくために、会話でのパーソナライズだけではなく、エンタメ要素も取り入れています。 例えば、AIアシスタントとのコミュニケーションレベルに応じて楽しめる「きせかえ」機能があります。「きせかえ」機能では、銀行口座の登録や入金でも、専用アイテムを獲得できます。 その他にも「ルーレット貯金」や「おつり貯金」など、楽しみながら貯金ができるコンテンツがあります。

4. 住信SBIネット銀行の口座がなくても利用可能

AIアシスタントとの会話やエンタメ要素の「きせかえ機能」は、住信SBIネット銀行の口座を開設していなくてもご利用できます。口座開設のきっかけになるかもしれません。

《アプリダウンロードはこちら》

【目的別口座利用に関する注意点】 ・「パルトネ」と住信SBIネット銀行の口座を連携すると「パルトネ」用の目的別口座が追加されます。 ・目的別口座内の資金は引落対象とならず、代表口座に資金が無い場合は口座振替等に支障が生じる場合があるためご注意ください。 ・「パルトネ」で利用する目的別口座に対して当社WEBサイト・アプリから直接資金移動指示を行うと、「パルトネ」で貯金している金額と差分が発生するためご注意ください。

■ “SELF-AI エンジン”とは

自動コミュニケーションを可能とする会話エンジン。個別のユーザー理解と、ユーザー属性に応じた最適な提案を目的として開発されたシステムです。自動で理解と推測を行い、自然な会話を進めることが可能で、独自のライブラリ、解析・記憶システムを使い、いまどのような会話が必要なのか、どのプランが適切なのかを判断します。情報が溢れる時代にこそ、優れたコミュニケーションによって、深く長い関係作りを実現するSELFのエンジンをご活用ください。

■住信SBIネット銀行 株式会社 会社概要

本社所在地:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階 開業:2007年9月 資本金:310億円 代表取締役社長:円山 法昭 会社サイト:https://www.netbk.co.jp/contents/

■PRtimesで公開した記事はこちら