SOMPOヘルスサポート社へ導入

SELFでは、個々のユーザーとの密なコミュニケーションを可能にする会話型AIを独自開発しております。
今回のAI導入により、SOMPOヘルスサポート社の保健指導業務の強化、利用者の生活習慣を把握した上での改善サポートを行います。

■  パーソナライズされた会話を通じて健康改善

QUPiO Withでは、AIとの日常的なコミュニケーションを通じ、体重の記録など健康管理を後押しします。AIは利用者に、仕事や趣味に関わる会話など、日常生活に関わる事柄を話しかけ、利用者は数個の選択肢から回答することでコミュニケーションを行います。
日々の会話を通じて、利用者の健康改善に関する目標、例えば「3ヶ月で5kg痩せる」を達成する場合、体重測定を促したり、利用者を励ましたり、健康に関する豆知識を与えてくれたりします。会話で得た情報はAIによって学習され、利用者ごとにパーソナライズされていくことで、相手を理解し応用していく人が行なっているような自然に近い会話になります。また、会話だけでなく、利用者の住んでいる地域の天気や利用者の趣味に即した最新ニュースなどの日常的によく利用する情報を提供します。



■  健康無関心層へのアプローチ

現在、SOMPOヘルスサポート社では、保健指導として、健康相談員との面談や電話支援を行っていますが、実施率の向上が課題になっていました。そこで、常に手元にあるスマートフォンに着目し、利用者の日常生活に寄り添ってサポートするべく開発されたのが「QUPiO With」です。特に健康改善に無関心な層に対しては、キャラクター性の打ち出しやパーソナライズ化されたコミュニケーションアプローチを取ることで、自然と健康への関心を高めることができるのではないかと考えております。また、単に利用者へ体重や腹囲の記入を促すだけでなく、数値の変化によっても会話が変化し、利用者の現状整理やモチベーション維持を手助けします。
この他、アプリ上で面談や電話支援の支援スケジュールやレポートが確認できたり、支援の中で決定した行動目標を振り返ったりと、既存の業務と一体化して実施率を引き上げるような仕組みがあります。
■ 今後の分析・改善への取り組み

SELF-AIエンジンのヘルスケア事業への対外導入は初となります。配信後は、利用者の意欲や実際の体重の増減と、会話や継続率の相関関係を分析しさらなるブラッシュアップを図ります。また、QUPiO Withにはアンケート機能が設けられており、SOMPOヘルスサポート社から利用者へ直接質問ができる機能があり、今まで聞き取ることのできなかった意見や数値を見える化できるようになります。
SELFエンジンの導入により、支援の実施率やサービス継続率が向上し、QUPiO Withがより多くの利用者の方の健康改善へ結びつくサービスとなるよう、経常的な改善を行います。]]>