Twitter
Google plus
Facebook
Vimeo
Pinterest

Fluid Edge Themes

Title Image

接客する会話AI

Communication Manager

答えるだけのチャットボットではなく、CVを上げる接客

会話AIはチャットボットの性能だけではなく、提案力、対応力を発揮します。
これにより、人員削減だけではなく売上への貢献を行います。

情報整理を行う接客AI

ユーザーの課題を聞き出したり、ユーザー行動パターンから導線を作りだし、適した回答や新しい提案をユーザーに提供します。
サイトやアプリの情報量やメニューの増加とともに、ユーザーが自ら情報を探し出すことに手間が発生しており、CVを下げる結果になっています。そこで接客AIでは、 即座にユーザーに合った情報提示を予測から行い、ユーザー個々に合った迅速な情報提示を行います。


現状のUI画面では、メニューが多すぎる → UI問題を解決

情報が多すぎてユーザーユースではない → 情報過多を解決
サービスの魅力が個別に伝えられない → 提案の個別化を解決

閲覧時間こそ獲得時間

広告掲載をしても直帰してしまう。効果的なメールを送っても閲覧数が上がらない… ユーザーの熱量が高いサイト閲覧の時間内で、的確に商品の魅力を伝え、サービスに興味を持ってもらい、目標までストレスフリーで誘うことを目的としています。

直帰率の低減を実現
セッション時間、セッション数を改善

母数頼みではなく、ユーザー獲得角度を上げる
的確なポイントで、ページ誘導を行う

導入成果

会話AIの導入により、非常に高い効果が生まれています。
既存コンテンツに導入されたロボットがへの案内の会話や紹介、ユーザー心理を促す会話などの細かいユーザー対応を行った結果、ユーザーのサービス活用が促され、利用率が2倍となり、全体継続率も20%の上昇など、売上に貢献することが証明されています。

導入成果

既存サイトへ導入し、ナビゲーション対応が可能です。
・回遊率を大幅に向上させ、提案をしっかりと伝える。
・会話の利用率はイメージバナーよりも大幅に高い。
・会話がCVへ影響。
また導入後において、会話の最適化のために会話のA/Bテストを行い効果検証を行います。

特徴、他社ツールとの違い

チャットボット
・FAQの対応が主。ユーザーのニーズを取得しずらい。
WEB接客
・条件分岐でバナーを出すことが可能であるが、ユーザーに自動でやり取りをするなどのコミュニケーションは不可。
接客AI
ユーザーに提案、調査、案内を行い、ユーザー毎に商品紹介、斡旋などコミュニケーションが可能。FAQなどもあらゆる対応が可能

目的、予算別メニュー

多様な構成に対応可能で、小規模予算から導入可能です。
サイト内、アプリ内に小規模予算で、一部の効果の検証から始めることも可能です。そこから拡張を行い、サイト全体での活用をお勧めいたします。また、API経由での既存DBとの連携や、広告別会話対応など、多様な会話設定の対応が可能です。

導入支援

現状のサイトやアプリのサービスを検証し、ユーザーへの最適な会話要件を調整させていただきます。現況のサイト解析数値も検証を行わせていただきます。また、API連携など必要な場合は、仕様調整を行い別途開発を行わせていただきます。

運用支援

PDCA最適化
「導入→会話のA/Bテスト→数値検証→改善計画→再検証」
一旦、導入解析を行い、効果的な会話の最適化を1ヶ月〜2ヶ月行います。これにより、サイトやユーザーに合わせた適切な導線を導き出します。

レポート報告、ニーズ調査確認画面
A/Bテストで行われた内容等、改善計画をレポートに定期提出させていただきます。また、獲得できたユーザーのニーズ、履歴等の管理画面を用意させていただきます。