Twitter
Google plus
Facebook
Vimeo
Pinterest

Fluid Edge Themes

Title Image

企業向けAIソリューション

SELF Communication Marketing Package

見るだけから、コミュニケーションできるサイトへ

サイトやアプリに導入できる「自動セールスAI」です。
これからは、ユーザーとコミュニケーションを積極的に行い、
強い関係を作り出す時代です。

SELF Communication Marketing Package : CMP

CMP導入で、訪問者とダイレクトな対話が可能になります。

今までのサイトは、訪問者に見てもらうだけでした。
ユーザーの声を拾うためには、SNSやカスタマーサービスなど回り道をする必要があります。
これからは、ユーザーと直接対話し、ユーザーを理解し、ユーザーの意見を聞き、
その場で魅力を伝えられます。

サイトの問題点

情報が散乱し文章も読みづらく、サービスを伝えきれない。

訪問者ごとの対応ができない。興味を引けない。

大変なリニューアルを行っても効果、話題に繋がらない。

訪問者との結びつきが弱い。

訪問者を特定できない。都度マーケティングが必要。

画像やテキスト更新の運営が大変。

SELF-CMPでの解決

サービスの要点を訪問者ごとに咀嚼して伝える。

訪問者ごとに、興味や対象を分けて伝えられる。

その場で訪問者の意見が聞ける。

メールアドレス等をタイミングよく聞き出し、次へ繋げられる。

前回訪れた内容を分析し、伝える提案を変化させる。

訪問者のサイト回遊履歴から、新しい提案を導き出す。

サイトの操作に慣れていない訪問者にも使いやすい。

セールスとは買わせることではなく、必要だと理解してもらうことです。
ユーザーを把握し、それに適した即座の対応こそ、セールスの出発点です。

ユーザー行動をリアルタイムに解析し、提案を最適化します。

アクセス状況やページ遷移によってユーザーの要望を予測し、適した会話を行います。 また、過去のデーターやアクセス履歴、季節、時間帯をヒントにユーザーの要望を予測します。

・ユーザーを理解し (どんな方なのか)
・ユーザーの状況を察し (心地よく)
・多様な情報を網羅し (なんでも分かる)
・気の利いた提案をしてくれる(興味のある新しい発見)
・すぐに答えてくれる (素早い処理)

見込み客レベルに合わせて提案を変化させます。

現状の多くのサイトでは、見込み客の分類、及び情報の振り分けは非常に困難です。
そこで、SELFでは、訪問動機やその他の情報により、ユーザーランク(見込み客レベル)の判定を行います。また、ランクに対応した会話を行うことで、更なるランクアップを目指します。 サイトの閲覧ページ状況や、履歴、閲覧秒数を考慮し、また適宜ユーザーへの質問を行い、ユーザーランクを常に最適化します。 また、随時ランクアップへといざなう会話を行い、KPI達成へ貢献します。

気の利いた会話でサービスとの接触導線を作りだします。

アクセスと同時に、即座に提案のコミュニケーションを行うことでキッカケを作り、新たな発見や体験をユーザーに提供します。
「いつも同じ画面…」「長い文章…」「自分で情報を探しすのが面倒…」など、情報量の増加とともに、ユーザーが自ら情報を探し出すことに手間が発生しています。 即座にユーザーに合った情報提示を予測から行い、ユーザー個々に合った迅速な情報提示こそが、ユーザーの離脱を防ぐ大きな効果となります。

ユーザーの要望や問題を聞き出しサービス向上へ。

購買行動は、ネットに移行していますが、現在の問題点は、お客さまの行動待ちという点です。 タイミングやアクセスに合わせ、候補となる問題候補を抽出し、実際にユーザーに問題点の詳細を聞きに行くことができます。(また2018初旬に自由入力にも対応。)

SELFは、まずユーザーとコミュニケーションを図り、ユーザー属性、趣向を分類します。そこから、ユーザーに伝えるべき情報を、ユーザーごとに振り分け、タイミング調整を行い、ユーザーに情報を会話として、咀嚼して伝えます。

顧客像や要望を一元管理し、問題点を探りやすく。

SELFの管理画面では、実際のユーザーの傾向値や、見込み客の抽出、サービスや商品の問題点など、ユーザーとの会話によって得られたデーターを抽出することが可能です。 これにより、次のサービス開発のヒントとなる情報を得たり、アンケートを得たい場合は、実際にユーザーに聞いてみることも可能です。

顧客DBや商品DBと連携させ、より効果的な提案が可能。

すでに蓄積された顧客情報や商品情報と、SELFの会話エンジンが API連携し、ユーザーが会話を行うことで、顧客情報と商品情報とが効率的に結びつきます。また、専用入力画面により、運営上の会話のコントロールも可能です。

面倒なウェブサイト改修より、コミュニケーション向上へ。

膨大な情報は、一人一人に会話で説明するほうが効果的です。
既存サイトへの対応
既存サイトへは、該当ページへ、javascript一行の挿入で完了します。
各ページ移動にも対応し、会話の流れはページを移動しても引き継がれます。(ボタンごとのアクションが必要な場合は別途挿入が必要)また、会話や管理に関する内容等は、SELF専用サーバーでの一元管理となります。
キャラクター
キャラクターはオリジナルや既存キャラクターなど、アニメーション化に対応します。
実際の制作
お問合せ→調整→会話構成の決定→制作→オープン→改良が一連の流れとなります。
詳しくはお問合せください。