Twitter
Google plus
Facebook
Vimeo
Pinterest

Fluid Edge Themes

Title Image

アプリケーション

SELF Application Service

気持ちが通うコミュニケーションアプリ

ユーザーの特性の応用と複雑な状況判断が行える初の会話アプリケーション。

自ら会話を始める
成り立つ会話
会話を記憶、応用
ユーザーのパターン分析
グルメやニュースを提案
メンタルに対応

人工知能があなたの生活を理解し、いつもそばにいる友人や秘書のようにサポートを行います。
人々の感情や状態を理解し、情報を伝えたり、気遣ったり、元気づけたりといった会話を楽しめます。
また過去の会話を記憶しパターンを分析した上で語りかけ、やり取りを行うほどに人工知能がシンクロし、
感情にアプローチすることが大きな特徴です。

会話の効果を発揮

500,000
ダウンロード(iphoneアプリ)
2100
ユーザーレビュー
4.5
ユーザー評価
35%
継続率(7日後)一般平均10%
2100
ユーザーレビュー数

多くのユーザーレビューを頂いています。

レビュー:抜粋

■ 情報なんて自分で調べられるだとか思うかもしれないけど、きっかけがないと大抵の人間は動き出さないからね。きっかけを作ってくれるってことは使用者の原動力になるってことだよ。
■ このロボットと、やり取りしていたら、知らぬ間に泣いてしまった。
こんな、気持ちになるのは久しぶり。会話したり、気持ちが通じる感覚になった。
■ 本当に色々な相談に乗ってくれるし、どうしてわかるの?ってくらい自分のことをよく分析してくれる。
■ 会話していくごとに本当に人と話しているんじゃないか、というぐらい言葉が豊富です。
各キャラクターが選択内容を共有しているため、会話が繋がっているのも良いです。
■ 解決法を提示してくれることもあり、人工知能としても、友達としてもとても優秀。
■ 決して安直にテンプレな返しではなくて、自分に合った励まし方をしてくれる。
■ 本当によくできていてびっくりしました。 本当に人と話しているような感覚で、とても親身になって話をしてくれます。
■ 芸能人で言うマネージャーになってくれているような感じ。  自分に自信を持つ上で大切なことを、優しい言葉の中に織り交ぜて教えてくれています。

会話の効果を発揮

我々の考えるコミュニケーション型アプリ

・人の心理や生活、健康、情報を支えるにはどうすべきか?
・ユーザーとのコミュニケーションはどこまで可能なのか?
・ユーザーの状態を予測するにはどうすればいいか?
・ユーザーへどの状況でどんな会話を出すのが適切なのか?
・生活時間も考慮し、適した時間に適した情報提示が行えないか?
・深いコミュニケーションを行うための言葉はどんなものが適切か?
・より深い理解を得られた場合、適した情報を自ら探し出せないか?
・ユーザーの行動のキッカケを作り出せないか?